タグ「國分康孝」が付けられているもの

    「〈自己発見〉の心理学」国分 康孝

    【私の評価】★★★★☆(84点) ■論理的に幸せになろう、  という一冊です。  心理学という学問ですから、  心の悩みも理論的に  解決します。  落ち込んでいるということは、  原因があるはず。  その原因は自分の考え、   思い込みにあるのです。  その思い込みは  本当に正しいことなのでしょうか。 ・「大学は四年で卒業すべきである」・・・といった ...

    「〈つきあい〉の心理学」国分 康孝

    【私の評価】★★★☆☆(79点) ■私たちは子どもの頃から、  周囲の人と付き合っていますが、  学校では付き合い方を教えてくれません。  この本は、人との付き合い方についての  考え方を教えてくれます。 ■まず、第一に人と付き合う以前の問題として、  自分の感情、気持ちに気づく必要があります。  どうも日本では空気を読んでばかりいるうちに、  自分の感情...

    「「なりたい自分」になる心理学」國分 康孝

    【私の評価】★★★★★(94点) ■多くの本を読んできましたが、  この本はもっと若いとき、できれば学生時代に  読みたかったと思いました。  これこそ、本当に使える心理学と  いえるものでしょう。   ・あるがままの自分を受け入れて    喜んで生きているというのが、    最高にハッピーになる条件だと思う。(p21) ■人間関係で悩むのは、自分にも意志...

    「幸せをつかむ心理学」國分 康孝

    【私の評価】★★★★★(91点) ■心理学というと  他人を操る、自分の思うとおりに操作する、  といったイメージがありますが、  この本はいかに、自分の幸せをつかむか  ということに焦点を当てて教えてくれる一冊です。 ■まず、いかに人に好かれるか。  いきなりですが、その答えは明快です。  それは、人の望むことをしてあげること、  そして、自分の感情を開...

    「自分をラクにする心理学―幸せにずっと近くなる考え方 」國分 康孝

    【私の評価】★★★★☆(80点) ■生きていると、いやな人間と  つきあわなくてはならないことが  あるものです。  たとえば、職場の上司。  年上の部下。家庭の姑。  いやですね~。 ■そのためには、  その場から逃げるという方法が  あるかもしれない。  自分を一段上げて、  カウンセラーの立場で  考えてみることかもしれない。  自分の気持ちを伝える...

1

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)