タグ「堀田力」が付けられているもの

    「定年上手」森村 誠一、堀田 力

    定年上手 人生後半の設計図―あるのとないのと、どうちがう? (PHP文庫)posted with amazlet at 10.08.22森村 誠一 堀田 力 PHP研究所 売り上げランキング: 536683Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★☆☆(78点) ■作家の森村誠一氏と、  検察高級官僚から福祉ボランティアの  世界に飛び込んだ...

    「壁を破って進め」堀田力

    (評価:★★★☆☆) ●1976年(昭和51年)、  田中首相を逮捕したロッキード事件。  その事件を担当した「検察の鬼」堀田力さんが  自分の目から見たロッキード事件を  まとめた一冊です。  私がこの本を買ったのは、  どうして堀田さんが「検察の鬼」と言われたのか、  そして優秀な人はどのような思考をするのか  興味があったからです。 ●まず、堀田さん...

    「あなたがやらずに誰がやる!」江坂彰、堀田力

    あなたがやらずに誰がやる!―これからの「上司の条件」posted with amazlet on 06.02.02江坂 彰 堀田 力 PHP研究所 (1998/12)Amazon.co.jp で続きを読む (評価:★★★☆☆) ●サラリーマンから作家になった江坂彰さんと、  特捜部の鬼検事と言われ現在はさわやか福祉財団を開設している  堀田力さんの対談です。...

    「価値ある生き方のヒント」森村誠一、堀田力

    (評価:★★★読むべし)72点 ●まじめに、どう生きるのか、生きがいとは  何かを考えさせられる本です。  自分の重要感を求める人間の  本質にせまります。  お二人とも真面目ですね。 ■この本で私が共感したところは次のとおりです。 ・人にはそれぞれ与えられた力というものがあります。  その力の範囲の中で、社会への貢献を  果たしていけばいい。(森村) ・...

    「堀田力の「おごるな上司!」―人事と組織の管理学」堀田力

    【私の評価】★★★★☆(87点) よいことを言っているからといって、 その人が、そのとおりしているとは限らない。 ●この本、内容もいいが、最後のこの言葉も心憎い。 ●特捜の鬼と言われた著者が、法務省大臣官房人事課長時代に  匿名で人事マニュアルに書きつづった本書の内容は、  人事を行う人にとって非常に参考になるものばかりで、  サラリーマンにとって必読書で...

1

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)