タグ「堀紘一」が付けられているもの

    「心を動かす話し方」堀 紘一

    【私の評価】★★★★☆(86点) ■年間200回以上の講演をするという  堀さんのプレゼンのコツです。  まず、話す内容は、  かならずしもスゴい内容でなくても  良いらしい。  聞いている人が知っている話を6割、  知らない話が4割くらいが  ちょうど良いというのです。  知らない話ばかりだと  聞いている人が  話についてこれないのですね。 ・「相手が...

    「自分を変える読書術 学歴は学習歴で超えられる!」堀 紘一

    【私の評価】★★★☆☆(79点) ■東京大学→読売新聞→三菱商事→  ハーバード・ビジネス・スクール留学→  ボストンコンサルティング→  ドリームインキュベータ設立という経歴の  堀さんの一冊です。  堀さんが重要視するのは、  学歴ではなく学習歴です。  学習するためには、  人について学ぶ耳学問か、  読書しかないのです。 ・読書なら誰でも学習歴を深...

    「会社が放り出したい人1億積んでもほしい人」堀 紘一

    【私の評価】 ★★★☆☆:社会人として読むべき一冊です ●読売新聞、三菱商事とサラリーマン経験を持つ著者が、  サラリーマンに贈る処世術です。  大企業での勤務経験があるだけに、  サラリーマンの現実分析は適切です。  ・サラリーマンの多くはバカではないから、   ものごとがだいたいどういうかたちで決まっていくか、   十年も会社にいるうちに自然に理解する...

    「一番いいのはサラリーマン」堀紘一

    一番いいのはサラリーマン (扶桑社文庫)posted with amazlet at 12.09.07堀 紘一 扶桑社 売り上げランキング: 711609Amazon.co.jp で詳細を見る (評価:★★★☆☆:社会人として読むべき一冊です。) ●堀紘一さんの本はマジメな本が多いのですが、  この本は珍しく本音で書いている印象を持ちました。  ・いざという...

    「リーダーシップの本質―真のリーダーシップとは何か」堀 紘一

    ビジネスの世界では個人であれ、企業であれ、商品であれ、 向上しないものはすべて破棄される。 ●実際に経験した人の話は似ています。  例えば、改善、向上。  そういった、"よく言われることば"に、  本質があるのではないかと思います。 ●この本で共感した部分は次のとおりです。 ・真のリーダーとは、私益を超えて  公益を求める犠牲的精神の持ち主でなければならな...

1

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)