タグ「小田全宏」が付けられているもの

    「なぜ富士山は世界遺産になったのか」小田 全宏

    【私の評価】★★☆☆☆(66点) ■ちょうどテレビで世界遺産の  「富士山と信仰遺跡群」  の話が出ていたので  手にした一冊です。  認定NPO法人「富士山を世界遺産にする国民会議」が  中心となって活動していた  ことがわかります。  会長は中曽根康弘 元総理大臣、  理事長は成田豊 電通最高顧問、  運営委員長が著者という体制です。 ■富士山の問題は...

    「一瞬で人生が変わる! アウトプット速読法」小田 全宏

    【私の評価】★★★★☆(82点) ■非常に私の読み方に似ているな~と  思いながら読んだ一冊です。  まず、最初に  「眼球を速く動かす速読法」  への疑問が出てきます。  フォトリーディングとも言うのでしょうが、  それで読んだことになるのでしょうか? ・いったい何のために、  「本を速く、大量に読む」  必要があるのでしょうか?(p9) ■小田さんの読...

    「陽転思考―ほんとうの自分と出会うために 」小田 全宏

    【私の評価】★★★☆☆(72点) ■年間200回もの講演を行うという  小田 全宏さんの一冊です。  内容としては、講演で話しているネタを  集めているといった印象でした。 ■小田さんが言う「陽転思考」とは、  「うまくいってよかった。うまくいかなくてもよかった。」  と考える思考法です。  「人生万事塞翁が馬」という言葉がありますが、  まさに、人生良い...

    「[図解]「絶対記憶」メソッド」小田 全宏

    【私の評価】★★★☆☆(78点) ■この本は、数万円会費で開催されている  「アクティブ・ブレイン・セミナー」のポイントを  説明した一冊です。  「アクティブ・ブレイン」とは、  イメージを活用した記憶法です。 ■イメージ記憶法はよく知られていますが、  イメージで記憶するためには「コツ」があります。  それは、インパクトのある映像を  イメージすること...

    「日本人の神髄―8人の先賢に学ぶ「大和魂」」小田 全宏

    (私の評価:★★★☆☆:社会人として読むべき一冊です) ●「どうして日本人はこんなになってしまったのか」  という著者の思いが、あちこちに出てきますが、  それは抜きにしても、この本で紹介している  吉田松陰、佐藤一斎、西郷隆盛、坂本竜馬、  新渡戸稲造、聖徳太子、森信三、中村天風は  私の好みに合っています。  ・バンクーバーのブリティッシュ・コロンビア...

1

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)