タグ「斎藤茂太」が付けられているもの

    「50代からの生きかた上手―人生を豊かにする法則 」斎藤 茂太

    【私の評価】★★★☆☆(74点) ■歌人で精神科医の斎藤茂吉の長男であり、  精神科医だった著者の  50代へのアドバイスです。  50代というと肉体的に  無理がきかなくなり、  まさに人生の曲がり角。  そうした体の変調も  50代なら当然のことであり、  それに合わせてやっていきましょうと  アドバイスしています。 ・無理がきかなくなったことを  マ...

    「人間関係で「キレそう!」になったら読む本」斎藤茂太

    【私の評価】★★★★☆(80点) ■人間関係の一冊です。  世の中にはいろいろな人がいて、  よく切れる人がいたり、  自分が切れそうになることも。  こうした経験とともに、  対応の方法を学んでいくのでしょう。 ・感情がすぐに吹き出してしまう人・・・  自分はとても価値のある人間と  思い込んでいるケースも多い・・  また反対に・・自分の弱さを「キレて」...

    「気くばりができる人できない人」斎藤 茂太

    【私の評価】★★★☆☆(74点) ■世の中には、人脈の広い人、  人間関係の達人がいます。  どうしてこの人の周りには  人が集まってくるのだろうか。  「人間関係」とはいったいなんなのか?  この本では、「ちょっとした一言」や行動で、  「好意を示す」ことで、  達人に近づくことを目指します。 ・相手の「自慢したいもの」を感知したら、  すかさずほめろ(...

    「心のウサが晴れる本」斎藤 茂太

    【私の評価】★★★★☆(85点) ■斎藤茂吉の息子であり、  精神科医だった  斎藤茂太先生のエッセーです。  心のウサを晴らすというタイトルですが、  悩んでいる人への人生相談といった趣で、  楽しく読めました。  精神科医の仕事は、  "人生相談のようなもの"  なのかもしれません。 ・淋しさや孤独感の解消には  どうやら多忙と現実逃避が  よい処方で...

    「「今すぐできない!」自分を変える本」斎藤 茂太

    【私の評価】★★★☆☆(78点) ■会社に入ると、  まず、大量の仕事をさばくことから  学びます。  若いうちは雑用が多いので、  どうしても仕事の量は  多くなりがちです。  そうしたときに、  自分なりの仕事の流儀を作れるのか、  それとも大量の仕事に  悩み続けるのかで、  将来は大きく変わるはずです。 ・優先順位を明確にしてスピードUP!(p82...

    「グズをなおせば人生うまくいく」斎藤 茂太

    【私の評価】★★★☆☆(79点) ■今は亡き茂太さんのお話は、  無理がなく、すっと心に入ってくるのが  良いところだと思います。  すごい人なのですが、  「私もグズだったけど、   なんとか修正しながらやってこれたよ」  と言われると、そうかな、と思ってしまうのです。   ・より高きを目指して、困難に立ち向かってはじめて、    人間としての進歩を遂げ...

    「逆境がプラスに変わる考え方」斎藤 茂太

    【私の評価】★★★☆☆(77点) ■斎藤 茂太さん、人生の大先輩から、  人生の逆境について  アドバイスがもらえる一冊です。  インパクトはありませんが、  人生という長い経験に裏打ちされた  厚みを感じました。 ■やはり逆境というものは、一見ピンチですが、  数年先になって振り返ってみればチャンスであった  ということがよくあるようです。  調子が良い...

    「いい言葉は、いい人生をつくる」斎藤茂太

    【私の評価】★★★★☆88点 ●人生を長く生きていると、  若いときにはわからなかったことが  見えてくるようです。  現在90歳を超える著者には、  すべてが見えるのでしょうね。  ・人生、長く生きると、人の価値は「何ができるか」ではなく   「何を楽しめるか」にかかっているのだとわかってくる。(p16) ●セミナーで話を聞くように話が進んでいきますので...

    「豆腐の如く」斎藤 茂太

    【私の評価】★★★☆☆ ●精神科医である斎藤 茂太さんの  エッセーです。  さすが精神科医だけあって、  人と世の中を見る目があり、  「豆腐」をネタにして、  良いかげんの人生について語ってくれます。 ●私が参考になったのは、  完璧を求めないという考え方です。  仕事となると、どうしても、  自分の能力を誇示したくなったり、  自分でやろうとしてしま...

    「口のきき方私の人間学」斎藤茂太

    (評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です。)81点 ●同じ内容でも言い方ひとつで相手の感じる印象は変わってきます。社会人  となって、口のきき方では苦労しましたが、今でも初心者レベルです。  ・一番安全な言葉は、「どこの国に行っても泥棒はいるように、悪い   ところはあります。でも、いいところもございますよ。ということで   ある。いわゆる外交官...

1

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)