タグ「浅田次郎」が付けられているもの

    「鉄道員(ぽっぽや)」浅田 次郎

    【私の評価】★★★★☆(87点) ■浅田 次郎さんの小説は、  手堅く泣けるのが特徴です。  この本では次の8つの  短編小説が掲載されていました。  私の評価は下記のとおりです。  「鉄道員(ぽっ...

    「憑神(つきがみ)」浅田 次郎

    【私の評価】★★★☆☆(73点) ■下級武士が  貧乏神、疫病神、死神に取りつかれるという  コメディタッチの小説です。  主人公は、貧乏神、疫病神は  他人に鞍がえさせてなんとかしますが、  死神...

    「五郎治殿御始末」浅田 次郎

    【私の評価】★★★★☆(82点) ■幕末から明治維新にかけての  混乱の時代を、描写した  歴史小話六編です。  明治維新では、幕府・藩が消滅し、  西欧の技術・文化を移入し、  日本発展のきっかけ...

    「天国までの百マイル」浅田 次郎

    【私の評価】★★★☆☆(76点) ●主人公の安男は40歳。  バブル時代に不動産で儲けたものの、  バブル崩壊で金も家族も失った、  落ちぶれた中年男です。  友人の会社にやっかいになりながら、  ...

    「椿山課長の七日間」浅田 次郎

    【私の評価】★★★★☆(88点) ●46歳で過労死した熱血課長が、  あの世とこの世の間にある冥土のお役所から、  この世に一週間だけもどるという  絶対ありえないお話しです。 ●この世に一週間戻れ...

    「プリズンホテル夏」浅田 次郎

    【私の評価】★★★★☆(82点) ●小説などというフィクションは  時間のムダ、と読まない私ですが、  なぜか、読みきってしまった一冊です。  笑える小説なのですが、浅田 次郎という人間は、  笑い...

1

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)