タグ「90点」が付けられているもの

    「一路(上・下)」浅田次郎

    【私の評価】★★★★★(90点) ■江戸末期、実家の火事で父を亡くし、  父の跡を継いで江戸への参勤交代を  指揮することとなった一路さんの物語です。  実家の出火は家の断絶にも相当する過失。  もしも参勤交代で不手際があれば  お家断絶、と追い詰められます。  一路は突然の訃報で引継ぎもない中、  家宝の古い参勤交代のマニュアルをもとに  参勤道中を行...

    「ダメなときほど運はたまる」萩本 欽一

    【私の評価】★★★★★(90点) ■萩本 欽一さんは、仕事先で  決して遊ばないらしい。  仕事でハワイに行っても、  仕事の跡でゆっくり  家族を読んで遊んだりしない。  なぜなら、  仕事中に遊びの運を使えば、  不運がやってくるからです。 ・仕事関連の大きなご褒美はもらわない、  仕事先で遊ばない、という二つは  今もずっと徹底しています(p89) ...

    「コーチングのプロが教える決断の法則「これをやる!」」鈴木 義幸

    【私の評価】★★★★★(90点) ■コーチングって何だろう?  コーチを雇って効果があるのだろうか?  コーチは何をしてくれるのだろう?  こうした疑問にコーチングのプロが、  答えてくれる一冊です。  これまで数多くのクライアントを  変えてきた著者の事例を  教えてもらいましょう。 ・あなたは、どんな「チーム」をつくりたい?・・  ・「これだけはメンバ...

    「「国家」の逆襲」藤井 厳喜

    【私の評価】★★★★★(90点) ■日本のバブル崩壊、リーマンショック等を  予測し、的中させてきた  国際問題評論家、藤井さんの一冊です。  藤井さんが予測する未来は、  国境なき世界ではなく  英国のEU離脱に見られるような  国民国家の復活です。  理想主義者が推進してきた  グローバリズムの流れが  逆転してきているのです。 ・東アジアでEUのよう...

    「地球はもう温暖化していない: 科学と政治の大転換へ」深井 有

    【私の評価】★★★★★(90点) ■タイトルどおり、  地球は今後、小氷河期に入ると  予想する一冊です。  伝熱学会の会誌に同じような記事があったなあ、  と思いながら読んでいました。  つまり、CO2の温暖化よりも、  太陽の活動がより大きな気温変動を  起こしているのではないか、  という意見です。 ・1600~1800年ごろには寒冷期  (小氷河期...

    「リーダーの掟 ― プーチン絶賛の仕事術」飯島 勲

    【私の評価】★★★★★(90点) ■小泉首相の主席首相秘書官を務めた  飯島さんの仕事術です。  飯島さんの仕事は、  主にマスコミ対策であったことが  わかります。  新聞、雑誌が発行される前に  情報を入手し、報道内容を想定し、  対策を準備していたらしい。  なぜならマスコミこそが、  国民に情報を提供し、  世論を操作できるからです。 ・連日朝刊の...

    「バーチャルCEO」クリス・ダッカー

    「バーチャルCEO」クリス・ダッカー、ダイレクト出版 【私の評価】★★★★★(90点) ■バーチャルCEOとは、  インターネットの中でチームを作り、  自らリーダーとなることです。  つまり、自分の仕事を  ネットでつながった専門家に  アウトソーシングする。  特に小さなビジネスをしてる人。  自分でやるべきことが  多すぎると感じている人に、  考え...

    「変な人の書いた世の中のしくみ」斎藤一人

    【私の評価】★★★★★(90点) ■一人さんに言わせると、  世の中にはしくみがあるという。  しくみがわかれば、  うまくいく。  うまくいかないのは、  しくみを理解していないからです。 ・私が「困ったことは起きないよ」って言うけど、  その困ったことっていうのは、神様が  「それは間違ってるよ」って言ってるの・・(p71) ■うまくいかなければ、  ...

    「続・100年予測」ジョージ・フリードマン

    【私の評価】★★★★★(90点) ■「100年予測」続編として、  2014年から今後10年を予測する一冊です。  まず、驚くのは、ヨーロッパでは、  復活したロシアとドイツが  接近するであろうと予測していること。  そして、アメリカが採るべき戦略は、  気づかれないように  ロシアとヨーロッパの接近を防ぐこと。  そのために、イギリス、トルコを含む  ...

    「リーダーのための伝える力」酒巻 久

    【私の評価】★★★★★(90点) ■キヤノン電子の酒巻社長の一冊です。  リーダーとは  自分で仕事をするのではなく、  人を動かして成果を出す人。  人を動かすのは、  リーダーの設定した目標と  リーダーが作る緊張感です。 ・リーダーの仕事に対する姿勢と目で  「緊張感」を作り、  適切なマイルストーンの設定で  「達成感」を部下に持たせる(p49) ...

    「「情」と「知」のリーダーシップ」童門 冬二

    【私の評価】★★★★★(90点) ■夏目漱石は「草枕」で、  智に働けば角が立つ  情に棹させば流される  意地を通せば窮屈だ  と言っています。  とかく組織というものは、  バランスが難しいもの。  著者は、「情」と「知」との  バランスが大事だと言っています。 ・木下藤吉郎の堀修理の話・・・  ◎自分でやってみる。  ◎そのうえで、緻密な計画を立てる...

  1 2 3 4 5 6 7 8 9  

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)