タグ「95点」が付けられているもの

    「リンゴが教えてくれたこと」木村 秋則

    【私の評価】★★★★★(95点) ■木村さんは、家族が農薬で体を壊したことを  きっかけとして、リンゴの無農薬栽培に  挑戦しました。  その代償は、9年間無収穫というものでした。   ・私のような栽培を来年からすぐというと、    それはやはり難しい。・・・    田んぼは三年かかります。・・・    前年度の肥料や除草剤の成分が残っているからです。・・...

    「奇跡のリンゴ」石川 拓治

    【私の評価】★★★★★(95点) ■青森県に20年前から  リンゴの無農薬栽培に挑戦した  木村秋則さんという人がいます。  木村さんは、本屋さんで出会った一冊の本から、  無農薬栽培の可能性を知り、  自分のリンゴ畑で実験を始めました。 ■しかし、農薬を使わなければ、  病気が蔓延し、虫が大量発生し、  リンゴの木は弱っていくだけです。  木村さんは、何...

    「借金の底なし沼で知ったお金の味」金森 重樹

    【私の評価】★★★★★(95点) ■驚くべき金森さんの体験談です。  現在は、有名マーケッターとして活躍している  金森さんですが、一時借金が1億円以上ありました。  しかも、それは、先物取引業者に  ほとんど騙されて作ったようなものなのです。  まったく無知なフリーターが作った借金1億円。  普通の人なら、自殺してもおかしくない状況です。   ・先物取引...

    「十二番目の天使」オグ・マンディーノ

    【私の評価】★★★★★(95点) ■この本は、泣ける一冊でした。  妻と息子を失い人生に絶望した男が、  銃を手に死を決意します。  そのとき、彼は、偶然、野球を通じて  一生懸命生きるティモシー少年と  出会いました。 ■死んだ息子に似たティモシー少年は、  一生懸命にリトルリーグで  野球に打ち込んでいました。  必死に野球に打ち込むティモシー少年に、...

    「よくわかる部下取扱説明書」松井 貴彦

    【私の評価】★★★★★(95点) ■だれでも仕事をしていれば、  部下を持つときがくるものです。  親は子どもに育てられるというように、  上司は部下に育てられるのでしょう。 ■この本は、初心者上司が悩むであろう  部下との付き合い方を教えてくれる一冊です。  普通は自分の先輩を見習いながら自分で試行錯誤し  上司としての仕事のやり方を覚えていくのですが、...

    「大人が変わる生活指導」原田 隆史

    【私の評価】★★★★★(95点) ●カリスマ体育教師:原田 隆史さんの  社会人向けの生き方指導教本です。  生徒指導に驚異的な実績を残している原田さんから見ると、  荒れた生徒のうしろには荒れた家庭があり、  家庭を何とかしなくてはならない!  大人がしっかりしなくてはならない!  といった原田さんの強い思いを感じました。  ・子どもは必ず大人の真似をし...

    「死ぬまでに達成すべき25の目標」中嶋 秀隆 中西 全二

    【私の評価】★★★★★(95点) ●「自分の人生をプロジェクト・マネジメントする」という  テーマの一冊です。  前半は、どうして目標を設定することが大切なのか、  自分はどういった位置にあるのか、  人生の因果率とは、などを学びます。  これまでの成功法則本にはない切り口でまとめてあり、  導入部分としては最高のまとまりでしょう。  ・つまり、あなたの今...

    「夢を絶対に実現させる方法!」原田 隆史

    【私の評価】★★★★★(95点) ●原田 隆史さんの本は 「カリスマ体育教師の常勝教育」 「成功の教科書」  と2冊読んできましたが、  これらの本のインパクトは強いものでした。  私は、実際に目標設定用紙をエクセルで作成し、  書いてみましたが、  自分で書くには時間がかかりすぎるので、  自然と使わなくなっていました。 ●しかし、本書に添付されたDVD...

    「人生の目的が見つかる魔法の杖」西田文郎

    【私の評価】★★★★★(95点) ●これだけ自己啓発本、成功法則本を読んできた私が、  久しぶりに感動した一冊になりました。  西田文郎さんの著作は「No.1理論」  「面白いほど成功するツキの大原則」  と読んできましたが、これだけ進歩した書き手は始めてです。  人生の目的について書いた本は多いのですが、  本質を突いているのは当然として、  いちいち納...

    「指導者の条件」松下幸之助

    【私の評価】★★★★★(95点) 説得力: 根底に何が正しいかということに基づく信念を持ちつつも、 同時に時を考え、場所を考え、相手を考え、情理を尽くした 十分な配慮というものがあって、はじめて その主張なり、訴えが説得力を持ってくるのだと思う。 ●コーチングでは人を4つのタイプに分ける  という考え方があります。  自分でやりたいコントローラ、  アイデ...

    「松翁論語」 松下幸之助(述)、江口克彦(記)

    【私の評価】★★★★★(95点) ●また、また、新年にふさわしい本を  紹介いたします。 「松翁論語(しょうおうろんご)」 松下幸之助(述)、江口克彦(記) ●この本には、松下幸之助の言葉が  938まとめられています。  松下幸之助の言葉は、ひとつひとつが深く、  解説すればきりがありません。 ●また、深いがゆえに何回も繰り返して読むと、  そのときの自...

  1 2 3

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)